道の駅 石神の丘~ブルーベリー、ラベンダー、彫刻の美術館と美食レストラン|岩手県岩手郡岩手町

お取り寄せ

肉のふがねの岩手ホルモン炊き【冷凍】

肉のふがねの岩手ホルモン炊き【冷凍】

肉のふがねの岩手ホルモン炊き【冷凍】

商品説明

古くから愛されてきたホルモン鍋を「岩手ホルモン炊き」としてリニューアル。

ホルモン鍋は最初にすべての材料を入れて煮込む食べ方ですが、「岩手ホルモン炊き」の食べ方は最初にホルモンのみを煮込むことが美味しさの秘訣。

「岩手ホルモン炊き」のパッケージはなんと地元の新聞「岩手日報」から「肉のふがね特別企画岩手ホルモン炊き号外」として発行。岩手県民には馴染み深い、どこか懐かしい紙面を御覧になりながら、岩手町の味をご堪能ください。

岩手ホルモン炊きのおいしい作り方

【材料】(4人分)

  • 岩手ホルモン炊き 1パック(700g)
  • キャベツ 約300g
  • 長ネギ 約60g
  • 豆腐 1丁
  • 水 500ml
  • こんにゃく 約100g

 

キャベツ、ネギ、豆腐、こんにゃく、水、岩手ホルモン炊き1パックを用意します。お好みで、ニラや大根など季節の食材や豚肉などを追加してもいいでしょう。

  1. 食材をそれぞれ食べやすい大きさに切ります。
  2. 鍋に岩手ホルモン炊きと水500mlを入れて、強火で沸騰させます。
    最初にホルモンを煮込むことでやわらかくなりダシが出るので、沸騰してから弱火で10分ほど煮込むのがポイントです。浮いてくるあくは旨味成分なので、取り除かないようにしましょう。
  3. ラー油のようなオレンジ色の油が鍋のふちに出てきたら、一口大に切ったこんにゃくと豆腐を入れ、ひと煮立ちさせます。
  4. 次にキャベツ、ネギなどの野菜を入れ、しんなりするまで煮込んだら完成です。

ホルモン炊きのおいしい作り方

岩手ホルモン炊きの〆には、特製の「ほる麺」で。ごはん、溶き卵を入れて雑炊にしたり、チーズを入れてリゾット風にしたりするのもおすすめ。ごはんにも、お酒にも合う岩手ホルモン炊き。家族みんなで鍋を囲んでくださいね!

品名 肉のふがねの岩手ホルモン炊き【冷凍】
原材料名 豚ホルモン(国産)、醤油、味噌、みりん、醸造酒、砂糖、にんにく、生姜、唐辛子、ごま油、調味料(アミノ酸等)、酸味料、着色料(カラメル)、甘味料(カンゾウ)、(原材料の一部に小麦を含む)
内容量 700g
賞味期限 製造日より180日
保存方法 -18℃以下で保存してください。
商品名 肉のふがねの岩手ホルモン炊き【冷凍】
冷凍便の商品は、他の配送方法の商品と同時購入できません。