道の駅 石神の丘~ブルーベリー、ラベンダー、彫刻の美術館と美食レストラン|岩手県岩手郡岩手町

生鮮食品

ピーマン

ビタミン類が豊富です。免疫力を高めるカロテンも豊富で、油で調理すると吸収されやすくなります。 2016年に、岩手町の出荷量が岩手県4位となっています。 (参考文献:野菜の便利帳)

人参

人参の栄養成分はカロテン・食物繊維。皮の部分にはカロテンがたっぷり。選び方としては、色が濃く表面がなめらかで張りのあるもの。保存方法は、ビニールの保存袋に入れ、立てて野菜室に冷蔵。

キャベツ(いわて春みどり)

キャベツは、胃腸の調子をととのえ、内臓の働きをよくする野菜といわれています。キャベジンと呼ばれるビタミンUが豊富で、またビタミンCを多く含んでいます。春キャベツは柔らかいので、サラダなどの生食がオススメ。

長ネギ

ネギは体を温めるので、冷え性の方やかぜのひき始めなど寒気がするときにたっぷり食べてほしい野菜。 保存方法は、新聞紙で包んで冷暗所で保存。または、ビニールの保存袋に入れて野菜室で冷蔵。

なす

なすは、約93%が水分というだけあって、体を冷やす働きが特徴です。利尿作用があり、むくみを取るのに効果的。また、胃の消化機能をととのえ、消化をスムーズにする働きもあります。皮の紫色はアントシアニン系の色素でナスニンと呼ばれる抗酸化作用のある...

かぼちゃ

胃腸の調子をととのえ、体力回復に効果があるとされており、体を温める働きもあります。 かぼちゃの黄色い色素はカロテンで、特に西洋かぼちゃにはこのカロテンが多く含まれています。かぜの予防にも効果があります。

枝豆

胃腸を健やかにととのえ、血液の質を高め、内臓機能を促進して体力を増強させる働きがあります。利尿作用もあり体の余分な水分を取り除いて体調をととのえる効果もあります。 枝豆は大豆が熟する前に早採りしたもので、「畑の肉」と呼ばれる大豆同様、...

もも

とうもろこし

胃腸の調子をととのえ、消化機能を正常に保つ働きがあるとされます とうもろこしは、皮をつけたまま、水からゆでるとうまみが逃げずにジューシーにゆでることができるそうです。

ミニトマト

真っ赤なトマトは見るからに体によさそうですが、この赤い色はリコピンという物質によるもの。抗酸化作用があり、遺伝子や細胞を傷つける活性酸素を協力に阻止し、がん予防に効果を発揮すると注目されています。 暑さによる食欲不振を回復するそうです。 ...