道の駅 石神の丘~ブルーベリー、ラベンダー、彫刻の美術館と美食レストラン|岩手県岩手郡岩手町

生鮮食品

人参

人参の栄養成分はカロテン・食物繊維。皮の部分にはカロテンがたっぷり。選び方としては、色が濃く表面がなめらかで張りのあるもの。保存方法は、ビニールの保存袋に入れ、立てて野菜室に冷蔵。

かぶ

かぶは、体を温め、内臓の働きをよくするといわれ、胃腸の調子をととのえ、消化を促進します。期待される栄養成分は根の部分でビタミンC、ジアスターゼを含み、葉の部分はカルシウム、カロテン、ビタミンE、K、C、食物繊維を含みます。かぶの選び方は、葉...

キャベツ(いわて春みどり)

キャベツは、胃腸の調子をととのえ、内臓の働きをよくする野菜といわれています。キャベジンと呼ばれるビタミンUが豊富で、またビタミンCを多く含んでいます。春キャベツは柔らかいので、サラダなどの生食がオススメ。

長ネギ

ネギは体を温めるので、冷え性の方やかぜのひき始めなど寒気がするときにたっぷり食べてほしい野菜。 保存方法は、新聞紙で包んで冷暗所で保存。または、ビニールの保存袋に入れて野菜室で冷蔵。

大根

みずみずしい大根はその95%が水分です。 根の部分には、ビタミンCやジアスターゼが含まれているので胃に良く、 葉の部分には、カルシウム・鉄・カロテン・ビタミンE・K・C・食物繊維も含まれているそうです。 選び方のポイントは...

かぼちゃ

胃腸の調子をととのえ、体力回復に効果があるとされており、体を温める働きもあります。 かぼちゃの黄色い色素はカロテンで、特に西洋かぼちゃにはこのカロテンが多く含まれています。かぜの予防にも効果があります。

ブルーベリー(冷凍)

アントシアニンで有名なブルーベリー。生での販売期間はとても短く、7月~8月上旬頃です。 その後は冷凍での販売となります。凍ったブルーベリーをそのまま頬張るのもおすすめです。

レタス

血液の循環をよくして全身に栄養を与え、造血機能を促進する働きがあるとされるため、出産後母乳の出が悪い人は食事に取り入れるとよいといわれています。 レタスを長持ちさせるには、レタスの芯を包丁でくりぬき、そこにぬらしたキッチンペーパーを詰める...

りんご

1日1個で元気ハツラツ!西洋には「1日1個のりんごは医者を遠ざける」ということわざがあります。 りんごの中の栄養素は、他の果物に比べると、食物繊維・カリウム・有機酸・ビタミンCが多く含まれていて、健康増進に役立ちます。

白菜

白菜の成分はキャベツと似ていますが、キャベツと比べ糖質が低くカロリーも低いので、肥満の方や高血圧症の方におすすめの野菜です。 95~96%ほぼ水分です。食物繊維たっぷりで、乳酸菌などお腹に良い腸内細菌が出来るので、腸の働きを整えます。 ...