今日、昨晩たくさ~ん雨が降っていたので、

昨日の椎茸はさぞ、デカくなっているだろうと楽しみにして、

お昼過ぎにあの場所に行ってみたら・・・・

「あれっ、ない・・・・・・。」
びっくりして、支配人に報告。

すると、清掃の佐々木さんが一足早く収穫していました。。。(ホッ)。

去年、実はこの椎茸たち、盗難にあったのでした。。。


さすがに、昨晩の雨で水をたくさん得たせいか、

こんなにたくさん、こんなに大きくなっていました。
kousya.sitake.jpg
さて、どんな風なお料理に使われるのだろうか・・・・。


そして、そんなこんなで佐々木さんと話をしていると、

美術館の屋外の山に「ウド」が出ているところがある、ということで

早速その場所に連れて行ってもらいました。

isigami-yama-udo.jpg
一緒にいた、庭園管理の方に、佐々木さんと聞いてみると(私は山菜詳しくないので)、

今、この大きさが「旬」で食べどき。新芽のところなんかは天ぷらに最高の大きさ、だとか。

実は私、「ウド」って「タラノメ」のように、木の先端になっているのかと思っていたので、

上のほうばかり眺めていました(笑)。


帰り際、それこそ「タラノメ」が、ホントにちょこっと芽を出しているのを発見しました。

その奥の風景には「こぶし咲く~♪、あの、北国の~♪」でおなじみの

「こぶしの木」が白い花を咲かせているの見て、

「春だ~」と春を感じながら、帰って来ました(*^_^*)

yama-kobusi.jpg