『ケータイ・スマートフォン・パソコンを少しだけ忘れて
                 この物語のために30分だけ
                         あなたの時間をください』……。

 

よめこ虫ジュプリンと夢物語  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、訴えかけているPOPを出して注目を浴びているのは、産直に木工品を出している岩手町産地直売組合員の千葉勝彦さん。
不定期ですが、産直に物語本を出しているんです!千葉さんは、木工品を作りつつ物語の本も作っているんですね。ステキですね! :-o

なぜ、物語を書くようになったんですか?と聞くと、「若い頃から文学を目指していたこともありますが、自分の書く物語を通して、地方の方言を残しておきたい」という強い意志と「石神の丘美術館の周辺を取り入れて物語を作りたい」という想いで書くようになったそうです。

 

ペンネームは『千種 拓夢(ちぐさ ひろむ)』…なにか、夢が広がりをみせるようなステキなペンネームですよね!

メルヘン工房石神の丘 刊行作品は次のとおり… 

   2008年 ダンブリガエルのトンキー    300部
   2012年 よめこ虫ジュプリンと夢物語  150部

 

『よめこ虫ジュプリンと夢物語』は創作不定期便として先日出したばかりです。
表現方法、方言、物語性、じつに一度手にとって千種拓夢ワールドを感じてみてください!
出てくる登場人物の名前も個性的で、ユニークですよ!

 

 千葉さんは、この物語の本を当初朗読用として考えていたそうです。

千葉さんには夢があり、それは『自分の物語本を石神の丘美術館で朗読していただけたら…』そう、にこやかに夢を語っておりました。

~宮沢賢治を追いかけてきました。これからも千葉さんは追いかけるでしょう……~